GoogleAdSenseに合格したら、アドセンス狩り対策を!
プラグイン解説 「Ad Invalid Click Protector」

GoogleAdSenseに合格したら、アドセンス狩り対策を!<br>プラグイン解説  「Ad Invalid Click Protector」
レイトン
レイトン

ようこそ L′s Info Blog へ。

ブログ管理人のレイトンです。

2022年2月現在 Twitterでは、GoogleAdSenseの合格ツイートをよく見かけるようになりました。

GoogleAdSenseが利用出来るようになると、アフィリエイトとは違った収益化が出来るようになるので魅力的に感じる方が多いのではないでしょうか。

しかし、GoogleAdSenseに合格したのは良いけれど アドセンス狩りのせいで早々に広告配信停止! なんてなったら悲しいですよね。

このプラグインは、そんな不測の事態を防ぐために使用するプラグインです。

アドセンス狩りとは
アドセンス広告を悪意あるユーザーが 作為的にクリックすることにより、規約違反を引き起こそうとするもの。
影響としては、広告の配信停止、広告の権利はく奪などが挙げられる。

Google AdSense の規約について

AdSense プログラム ポリシーを見る
レイトン
レイトン

不測の事態に対応する為に使用するプラグインですが、1点注意することが。

PCからのアクセスによるアドセンス狩りは対応出来るのですが、スマートフォンからのアクセスによるアドセンス狩りは予防出来ません。

飽くまでも 可能性を一つ減らす という観点で使用するということを覚えて頂ければ。

ざっくりと アドセンス狩りについて解説したところで、今回は プラグイン「Ad Invalid Click Protector」について解説していきたいと思います。

ブログ初心者の方への おすすめプラグインまとめもありますので 下のリンクからどうぞ。

始めに

本記事では、WordPressのプラグイン「Ad Invalid Click Protector」について解説していきます。

本プラグインは、PCからのブログ閲覧時に表示されるGoogleAdSenseの広告に対して一定のクリック制限を設けることが出来るものです。

一定のクリック制限をすることで、アドセンス狩り対策を出来るようになります。

アドセンス狩りとは
アドセンス広告を悪意あるユーザーが 作為的にクリックすることにより、規約違反を引き起こそうとするもの。
影響としては、広告の配信停止、広告の権利はく奪などが挙げられる。

こんな方におすすめ

ブログを始めたばかりで、どのプラグインを入れたらよいか分からない方

GoogleAdSenseに合格したが、アドセンス狩りの対策がよく分からない方

プラグインの導入手順

  1. WordPressのダッシュボードから プラグイン をクリック
  2. 読み込み後、画面上部の 新規追加 をクリック
  3. 読み込み後、画面右上の検索窓に
    Ad Invalid Click Protector」を入力し Enter 又は 少し待機
  4. 参考画像 ③の手順実施後表示される画面」が確認出来たら、今すぐインストール をクリック
参考画像 ①の手順時表示される画面
参考画像 ①の手順実施後表示される画面
参考画像 ②の手順時表示される画面
参考画像 ②の手順実施後表示される画面
参考画像 ③の手順時表示される画面
参考画像 ③の手順実施後表示される画面

プラグインの初期設定

  1. WordPressのダッシュボードから Ad Invalid Click Protector をクリック
  2. 画面が切り替わったら、利用可能なツールから Redirection をクリック
  3. 参考画像を元に、期間や回数を設定する
  4. 設定が完了したら、画面下部にある 変更を保存 をクリック
    ※今回設定で使用した場所以外は、使用しない且つ設定が不要です。

デフォルトでも問題ないですが、気になるようであれば 下記設定でも良いかと。

Set the Ad Click Limit:5

Click Counter Cooke Expiration Time:5

Set the Visitor Ban Duration:7

この設定は5時間以内に5クリックしたユーザーを7日間ブロックする]となります。

参考画像 ③の手順時編集する画面
参考画像 ④の手順時選択する画面
レイトン
レイトン

私は 初期設定のまま使用しているので、3時間以内に3クリックしたユーザーを7日間ブロックする と言う設定です。

まとめ

今回は、プラグイン解説第6弾 として「Ad Invalid Click Protector」の解説をしました。

解説記事自体はよくあるのですが、如何せん操作の細かい箇所が載っていないものが多いので敢えて、分かりそうな箇所も手順として書き出しています。

今回は、この辺りで記事を終わりにしたいと思います。
もしここまで読んで頂けた方がいらっしゃいましたら、格別の感謝を。

至らないところもあると思いますが、指摘等ありましたらコメントでご指摘頂けると助かります。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA